婚活パーティーとネット婚活サイトの特徴の違い

現代は、婚活をするための様々な方法があります。代表的なものの中には、婚活パーティーと婚活サイトがありますが、この2つには、どのような違いがあるのでしょうか。

 

・婚活パーティーの特徴

婚活パーティーは、参加者が結婚を意識した上で、パーティーに参加しているという特徴があります。

 

婚活パーティーの中には、参加者の年齢を20代、30代、40代など、それぞれの年代に限定しているものがあります。中には、1年以内に結婚する意志を持っている方限定という、ストレートな参加資格を示しているパーティーもあります。婚活パーティーは、参加する際に、本人確認をしっかりと行うものが多いため、安心してパーティーに参加することができます。

 

結婚を視野に入れた、真剣な交際相手を求めている方の中には、出会いの場に出掛けたとしても、なかなか結婚に繋がるような出会いがないと思われる方が多いようです。趣味や異業種交流会などの場に、結婚を意識した出会いを求めたとしても、なかなか思うようにいかない場合が多いようです。

 

しかし、婚活パーティーでの出会いは、参加者が結婚を意識されていることがほとんどなので、出会ってから結婚までのプロセスがスムーズであるという特徴があります。

 

参加者同士が、コミュニケーションを取りやすい工夫がなされている婚活パーティーが多いため、初対面の方との会話が苦手な方でも、スムーズなコミュニケーションを取ることができます。

 

・婚活サイトの特徴

婚活サイトは、会員登録した後、パソコンやスマートフォンを通して、自宅や外出先で気軽に婚活をすることができます。婚活サイトは、数多くの種類がありますが、入会金が無料で、サイト使用料もリーズナブルなところが魅力のひとつです。婚活サイトの特徴は、膨大な数の会員の中から、サイト内の検索機能を利用して、理想的なお相手を検索することができるところです。

 

婚活サイトに登録をする際に、自己紹介のようなプロフィールを作成しますが、このプロフィールのデータをもとに、お相手を検索したり、検索されたりします。

 

通常の出会いでは、なかなかお相手の内面までは分からないことが多いようですが、婚活サイトは、自分の内面に合う方を探しやすいというメリットがあります。

 

サイト内のメッセージ機能で、気になる方とコミュニケーションを取ることができますが、お互いに、メッセージ機能を通して、頻繁にコミュニケーションを取るようになれば、実際に会うこともできます。婚活サイトは、始めの段階では、インターネット上での出会いとなりますが、登録の際に、本人確認をします。男性には、独身証明書や収入証明書の提出などもあるため安心です。